塩入温泉

塩入温泉

自然の恵みに身をまかせ、疲れを癒す

讃岐山脈の深い緑に囲まれたまんのう町の南部。いよいよ山深く、少々心細くなったところで看板が目に止まる。地域の人たちの健康を支えてきた名湯、塩入温泉だ。鎌倉時代に高野山の道範阿闍梨が尾の瀬山で修行の途中に発見したと言われており、弱アルカリ性低張性冷鉱泉の療養泉で、地下500mから湧出している。

温泉施設としての始まりは昭和62年。当初はもっぱら町内の住民向け、男湯・女湯を交互に使う程度の規模で運営されていた。ところが温泉ブームの影響もあってか年々町外から訪れる人が増え、だんだんと手狭になり、平成13年に今の施設を建設。浴場の他に、サウナや和室の休憩室、食堂、売店などが設けられており、中でも、その日の朝に地元で採れた新鮮な旬の野菜や果物が並ぶ売店は、温泉利用者に大人気だ。また、同じ敷地内には「ふれあいロッジ」が併設されており、宿泊もできるようになっている。

温泉の効能や快適な施設もさることながら、財田川野口渓谷の清流と緑の山々に囲まれた、四季折々の表情を見せる自然環境が素晴らしい。春には50本植えられた桜が山間の秘境を彩る。知る人ぞ知る隠れ花見スポットとして浸透しつつある。夏は青々と茂った若葉と渓谷のせせらぎが夏の暑さを和らげる。川遊びも楽しめるとあって子ども連れに人気だ。秋は何と言っても紅葉。赤黄に色づく山々が眼前に広がる景観は言葉にできないほどに美しい。冬は山々に積もる雪景色が情緒を深める。雪化粧した山あいの風景は一見の価値有りだ。
  • 塩入温泉
  • 塩入温泉
  • 塩入温泉
  • 塩入温泉
店舗情報

塩入温泉

  • 〒769-0302
  • まんのう町塩入718-140
  • 電話:0877-78-3363
■営業時間
10時~21時(20時30分入館停止)
■休館日
毎週水曜日・年末年始(12/31~1/1)
■入場料金
大人…500円
子ども(3~12歳まで)…400円
シルバー(町内70歳以上)…400円
身障者…400円
マップを見る

閉じる