轟の滝

轟の滝

香川県自然記念物指定 郡内一の滝

仲南地区山脇黒部谷にある轟の滝は別名『黒部の滝』とも呼ばれ、郡内一の滝である。
約20mの巖頭から落花する水爆は常にどぅんどぅんと滝鳴を発して、太鼓の響きに似たところからその名がつけられたという。その昔、そびえたつ山肌に原始林が繁茂して常に水量豊かで落下する水音は高く、滝つぼ付近にある“讃岐奥ノ院轟山不動明王”や滝上にある“地蔵菩薩”の小祠、“轟大明神”の石柱がしつらえられるなど、荘厳を極めた聖地であったことがうかがえる。(仲南町誌より一部引用)

轟の滝へのアクセスは、町道脇の案内板より林道山脇線を南へ。黒部ダムを通過して“吉徳大明神”と刻まれた岩石のある広場から沢伝いの峻しい山路を徒歩で約300mほど進むと滝つぼに到着する。
お車でのご来訪は、林道半ばより未舗装の難路が続くゆえくれぐれもご注意を。
  • 轟の滝
  • 轟の滝
  • 轟の滝
  • 轟の滝
店舗情報

轟の滝

  • まんのう町山脇
マップを見る

閉じる